So-net無料ブログ作成
華原朋美 小室哲哉 恨んでいた ゴールデンラジオ ブログトップ

18日放送のラジオ番組に華原朋美さんが出演し、小室哲哉さんについて語った。芸能界から姿を消していた頃、華原さんは「小室さんを恨んでいた」と振り返り、昨年末に番組内で小室さんと再会し、恨んでいたことを反省し心を改めたそうです。 [華原朋美 小室哲哉 恨んでいた ゴールデンラジオ]

朋ちゃんこと華原朋美さんがラジオに出演し、もと恋人の小室哲哉さんについて
過去の思いを語ったそうです。

一時は恨んでいたという朋ちゃん。

それは別れた(フラれた?)男女では良くあることですよね。

でも、それを乗り越えて昨年末、共演をはたした時は思わず感動しちゃいました。


-----以下、Techinsight2014年03月19日11時40分より引用-----


Image2.jpg


昨年12月に放送された『2013FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、元恋人で音楽プロデューサー・小室哲哉との共演を15年ぶりに果たし話題となった歌手の華原朋美。過去に小室へ抱いていた思いや共演した日のことを、あらためて振り返った。

18日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)に、歌手の華原朋美がゲスト出演した。今月12日にリリースした初のカバーアルバム『MEMORIES-Kahara Covers-』には、小室哲哉作詞・作曲でglobeの代表作“DEPARTURES”も収録されており、元恋人である小室とその現在の妻KEIKOとの“愛の名曲”をどのような気持ちで歌っているのかと話題にもなった。

当時、CDを出せばミリオンヒットとなっていた歌手・華原とプロデューサーであった小室との熱愛はワイドショーを騒がせたものだ。だが、2人は破局。華原はその後、長期にわたり休養し芸能界から姿を消していた。その頃のことを華原は、「自分は被害者だ」と小室を恨んでいたと振り返る。また自身の生活についても「廃人のようだった」と表現するほど、人生のどん底を味わっていた。しかし、昨年末に『2013FNS歌謡祭』で15年ぶりの共演を果たした2人。華原自身は、感極まり涙が出るかもと考えていたようだが、実際に小室を目の前にして恨んでいたことを反省し心を改めたという。「男女に別れがあるのは当然なのに」と心のうちを明かした。

カバーアルバム『MEMORIES-Kahara Covers-』はアルバムとして14年4か月ぶりにオリコンTOP10入りも果たし、芸能界に華々しく復帰した華原朋美。今後については「怖いものは何もない」と語りながらも、「この波瀾万丈な人生は続いていく」と力強く断言した。芸能活動においても私生活においても、型破りな朋ちゃんから今後も目が離せない。

-----以上、Techinsight2014年03月19日11時40分より引用-----

これから朋ちゃんには頑張って欲しいです!!

カバーアルバムも買っちゃおうかな??
華原朋美 小室哲哉 恨んでいた ゴールデンラジオ ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。