So-net無料ブログ作成
ナウシカ・レクイエム 久石譲 ラン ラン ララ ブログトップ

ナウシカ・レクイエム 久石譲 ラン ラン ララ ランランラン [ナウシカ・レクイエム 久石譲 ラン ラン ララ]

風の谷のナウシカで流れている「ラン ラン ララ ランランラン~」って歌、
ナウシカ・レクイエムといって、作曲家の久石譲さんの娘さんが歌ってたんですね!!

この記事をみて初めてしりました。

この曲には思い出があって、高校生のころ何気なく口ずさんでいたところ、
友達がその曲なに?って聞いてきてナウシカだよ!って答えたところ、
その子は見たことが無かったらしく、それをきっかけでナウシカを始めて知ったそうです(笑)

-----以下、オリコン2014年02月20日06時00分より引用-----


Image2.jpg
30年の時を経て『風の谷のナウシカ』の「♪ラン ラン ララ ランランラン…」をライブ初歌唱する久石譲の長女・麻衣


作曲家・久石譲(63)の長女で歌手の麻衣(34)が、25日に東京・六本木のSTB139で行われるソロライブで、アニメ史に残る不朽の名作『風の谷のナウシカ』(1984年3月公開)の劇中歌「ナウシカ・レクイエム」を初披露することが19日、わかった。


「♪ラン ラン ララ ランランラン…」のフレーズで知られる同曲は、麻衣が4歳のときに録音。これまでライブで歌ったことがなく、『ナウシカ』公開30周年にして、初めて本人が生歌唱することになった。

父が手がけた曲を麻衣が歌うことになったのは、ちょっとした偶然だった。当初、ボーイソプラノでの録音を考えていた久石は、曲のイメージを伝えるためのデモテープとして、音感のいい愛娘の仮歌をラジカセに録音。これを聴いた宮崎駿監督が「すばらしい!」と絶賛し即決した。ワケもわからずにスタジオに連れて来られた麻衣は「録音ブースはせまくて暗く、周囲が大人ばっかりだったので、とても怖かった…」といい、「とにかく早く終わらせたい一身で、無我夢中で歌った」と振り返る。

ライブで同曲を歌ってこなかったのは「特に深い理由はなかった」という麻衣は、今回のライブの打ち合わせで「ぜひ本人の声で聴きたい!」という要望を受け、折しも映画公開30周年を迎えることから歌唱を決意。リハーサルで30年ぶりに歌い、当時うまくできなかった「ラララララン♪」が「大人になって、完全に歌えるようになっていた」と喜んだ。

同公演では、自身初となる洋楽カバーにも挑戦。スタンダードナンバー「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」やイーグルスの「デスペラード」といった1940~80年代の名曲のほか、自身のルーツでもある久石の楽曲、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』(2011年公開)の劇中歌「リリーのテーマ」など自身のオリジナル曲も披露する。

-----以上、オリコン2014年02月20日06時00分より引用-----




大人の人が歌うのを聞くのはちょっと抵抗がありそうですが、
この記事を見てなんだか懐かしくなって、心の中でちょっと口ずさんでしまいました(笑)
ナウシカ・レクイエム 久石譲 ラン ラン ララ ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。