So-net無料ブログ作成
大学生協 人気本ランキング 就活本 読書マラソン ブログトップ

大学生協 人気本ランキング 就活本 読書マラソン [大学生協 人気本ランキング 就活本 読書マラソン]

就職活動戦線が今年から12月解禁と変更になったことを受けて、
就活生の皆さんが手にする本の内容にも変化が見られたようです。

11月に大学生協でその月に売れた本のランキングを調査したところ、
やはり就職に関する本が軒並みランキング上位を締めたのだとか。


-----以下、リセマム 12月26日9時15分 より引用-----

大学生協の人気本ランキング、就活本が上位独占



Image28.jpg



全国大学生活協同組合連合会(大学生協)は12月24日、
全国10の生協書籍部で11月に売れた本のベストテンを発表した。

多くの大学で「就職四季報」や「会社四季報業界地図」などの就職活動関連の書籍が上位にランクインした。


大学生協では、読書習慣を養う「読書マラソン」をすすめおり、
全国で170店、約3万人の組合員が参加しているという。

また、旬な本を毎月更新で紹介する「Book Best 10」では、
「北海道大学生協」「東北大学生協」「東京大生協」「早稲田大生協」「慶應義塾生協」
「名古屋大学生協」「京都大学生協」「同志社大生協」「大阪大生協」「九州大学生協」の
10生協の書籍部で、今売れている本のベストテンを公表している。

なお、北海道大学は6月からクラーク店改装工事のため文庫のみのベスト10となっている。


12月1日の就活解禁に向け、11月は東北大と東大、早稲田大、名古屋大、同志社大、大阪大の
6大学で「就職四季報2015年版」がもっとも売れた。

ほかにも、「会社四季報業界地図2014年版」「最新最強のSPIクリア問題集’15年版」
「史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集」「絶対内定2015」など就職関連の書籍が上位にランクインした。


大学ならではの特徴がみられるのは、東大の3位「東大生の超勉強法」など。
東大出身で京大客員准教授である瀧本哲史氏の著書「君に友だちはいらない」は京大で1位、
東大で4位、「僕は君たちに武器を配りたい」は京大で2位にランクインした。

また、北海道大学では、趣味的な読書というよりは学術系の新書が多く売れたという。


-----以上、リセマム 12月26日9時15分 より引用-----

政府は景気が回復しつつあると言っていますが、
それを実感できる人は国内でまだ一部なのでは?という気がします。

いまだに就職を控えた学生さんの現状は大変ですし、
だからこそ今回のようなランキング結果が出るのではないでしょうか。
とはいえ、国公立の学生さんは安泰なのか、売れている本が少し違うみたいですね。
大学生協 人気本ランキング 就活本 読書マラソン ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。