So-net無料ブログ作成
相葉雅紀 映画 単独初主演 山下達郎 クリスマス ブログトップ

相葉雅紀 映画 単独初主演 山下達郎 クリスマス・イブ  [相葉雅紀 映画 単独初主演 山下達郎 クリスマス]

嵐の癒し系担当(?)の相葉雅紀さんが、
来年の秋に公開される映画で主演を務めるそうです。

相葉さんの単独主演は今回の作品が初。

同じジャニーズ事務所の生田斗真さんや榮倉奈々さん、
韓流映画のトップ女優で日本映画初出演のハン・ヒョジュさんと、共演陣もかなり豪華です。


-----以下、オリコン 12月25日5時0分 より引用-----

相葉雅紀、映画単独初主演!山下達郎「クリスマス・イブ」モチーフに映画化



Image8.jpg




人気グループ・嵐の相葉雅紀が、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした
作家・中村航氏の原作小説を映画化する『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014年秋公開)で、
映画単独初主演することが24日、わかった。

共演には、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真ら豪華キャストが名を連ね、
相葉とは『黄色い涙』(2007年)以来のタッグとなる犬童一心監督がメガホンをとる。

相葉は「クリスマス・イブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われる事に運命を感じています!」
と力を込める。


同作は、4人の男女が織り成す恋が聖なるクリスマスの夜に奇跡を起こす、
恋しくて切ない夢と感動のラブストーリー。

相葉は、やさしすぎて、ちょっとヘタレな書店員・光を演じる。

漫画家を目指す彼には、夜になると「デビクロ通信」という謎のビラを街へふりまくもうひとつの顔があり、
そんな光にある日、運命的な出会いが訪れる。

光をいつも近くで見守る幼馴染の杏奈役を榮倉、
光と偶然知り合う世界的照明デザイナーのソヨン役をヒョジュ、
光の大学の同級生で超売れっ子漫画家の北山役を生田が演じる。


本作が映画単独初主演となる相葉は「観た人が必ずあたたかくなる作品にします!
ちょっとファンタジーでクリスマスにぴったりな夢のあるラブストーリーです。
僕がサンタクロースとなって皆さんに『MIRACLE』を届けます!」と意気込む。

榮倉は、そんな相葉が演じる光の人物像を「運命や時には杏奈に振り回される主人公が
とても魅力的」とコメント。

生田は撮影を前に「実写の中にアニメーションパートが入ってくるという事で、
どういった作品になるのか未だ想像がつきませんが、この映画の一部として、
しっかりと役を勤めさせていただきます」と語る。


また、ここ最近でもドラマ『トンイ』、映画『王になった男』『監視者たち』など
韓国のヒット作にたて続けに出演している人気女優のヒョジュは、
今作で初めて日本作品に参加。

「私にとっては新たな挑戦でありドキドキわくわくしています。
犬童監督の作品が好きだったので、ご一緒できることになってとても嬉しく思っています。
脚本を読んで、とても暖かい話だと感じました」と喜ぶ。


一方、犬童監督はすでに気合十分。
「クリスマスの持つマジックな時間をミラクルと名付けよう。
子どもの頃のように夢や未来を心から信じられる瞬間をスクリーンに焼き付けよう。
相葉雅紀の笑顔と山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』という最高のアイテムを手にすれば
きっとそれも可能なはずだ。
来年のクリスマスを忘れられない日にする映画を目指そうと思う」と力強く語っている。


-----以上、オリコン 12月25日5時0分 より引用-----



image.jpg



クリスマスの夜に起こるお話なんですね。
相葉さんのお誕生日はイブですし、初の単独主演となれば意気込みも十分なのではないでしょうか。
ドラマではこれまで何作か主演がある相葉さんですが、
映画ではまた違った顔を見せてくれるかもしれませんね。
相葉雅紀 映画 単独初主演 山下達郎 クリスマス ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。