So-net無料ブログ作成
引退宣言 misono 業界 惜しむ声 小室哲哉 ブログトップ

引退宣言 misono 業界 惜しむ声 小室哲哉 [引退宣言 misono 業界 惜しむ声 小室哲哉]

昨日引退を発表したmisonoさん。
波紋をよんでいるようですね。

ファンの方や音楽関係者から惜しむ声が出ているようです。

まったく売れなかったわけではなく、売れたんだと思うんですが、
姉ほどではなかった、という感じでしょうか。

彼女の明るいキャラは、バラエティ番組でも輝いてたし、
芸能界で別の道で行く残っていくことは出来たと思いますが、
ご本人にとっては、芸能界にはイチバンになれる場所がないと思ったのかもしれません。


yjimage.jpg



----以下、リアルサウンド 2013年12月18日19時12分より引用----


歌手のmisonoが、2013年12月18日放送のバラエティー番組
「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で突然「引退宣言」をしたことに対し、
ファンや音楽業界関係者から惜しむ声があがっている。

misonoは、昔から30歳になったら引退するつもりだったとしつつ、
所属事務所から「misonoは芸能界しか無理やから」といわれてきたことへの悔しさも明かした。

また、Twitterでは「dat(day after tomorrow)を3年間で休止した後も白紙だったし
アーティスト活動休養宣言もしてるし『このCDが売れなければ辞める』と何度も思ってきたし
辞める事は不自然ではない(笑)」と、これまで何度も引退を考えてきたことを語った。


 だが、ファンの間ではもちろん音楽業界関係者の間でも、
misonoの歌に対する評価は思いのほか悪くない。

にも関わらず、彼女の作品が世間的な評価にあまり恵まれなかった理由を、
デビュー時から彼女を知る音楽雑誌記者の吉田敏郎氏は、次のように分析している。


「彼女がデビューを飾ったday after tomorrowは、Every Little Thingの五十嵐充さんが
プロデューサーを務め、avexが全面的にバックアップをして大々的に売り出しました。

その甲斐あってか、それなりに注目を集めたのですが、いかんせん当時は
90年代ユーロビートの流れを汲んだ伝統的なavexサウンドが曲がり角に来ている時代でした。

また、まったく方向性の異なるミュージシャンである、姉の倖田來未さんと比較されることで、
彼女の持ち味であるちょっと鼻にかかった声や、はつらつとした可愛らしさに
スポットが当たりにくくもなっていました。

彼女は技巧派ではないかもしれませんが、素直で味のある歌手だと思います。
また、ルックスにも恵まれ、アイドル的な魅力だってありました。

しかし、お姉さんがR&B路線だったこともあり、方向性を見出しにくくなっていたんだと思います。
ソロになってもmisonoは、アイドル路線にも歌姫路線にも進むことができず、
企画モノやカバー曲ばかりで大きなヒット曲には恵まれませんでした。」

 しかしmisonoには、ちゃんと活路があったと吉田氏。

「彼女は人気ゲームである『テイルズ オブ』シリーズのタイアップ曲を多く手掛けていますし、
アニメ・ゲームソングの歌手としてはそれなりに需要があったのではと思います。

本人がどう思うかはわからないですが、そういう方向性に特化するのもアリだったのではないでしょうか。
小室哲哉さんからはかつて『息の長い歌手になる』といわれたこともあるようですし、
辞めてしまうのは残念ですね」

 芸能界引退後のmisonoは、キャバクラ嬢としてナンバーワンを目指すと宣言しているが、
歌手としてオンリーワンを目指す可能性は、まだ残っているのではないだろうか。(リアルサウンド編集部)

---以上、リアルサウンド 2013年12月18日19時12分より引用---






小室哲哉さんから「息の長い歌手になると言われ、音楽関係者の評価は上々ですが、
売れる、売れないは実力だけではないですよね。

記事にも書いてありますが、音楽が時代をマッチしないといけないし、
運や、キャラなどもあるはずです。

多分、ご本人もお姉さんと比べられてつらいときがあったのかな、と想像します。

本当にキャバ嬢になるかは分かりませんが、
どの道でも彼女がイチバンのなれる場所があればいいですね!

頑張ってほしいです。

引退宣言 misono 業界 惜しむ声 小室哲哉 ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。