So-net無料ブログ作成
本田 ミラン 加入 異例 10番 バッジオ 遠慮 ブログトップ

本田 ミラン 加入 異例 10番 バッジオ 遠慮 [本田 ミラン 加入 異例 10番 バッジオ 遠慮]

CSKAモスクワとの契約期間満了により、
ついに念願だったACミランとの契約にこぎつけた日本代表の本田圭佑選手。

年明けにもACミランの練習に合流すると報じられていますが、
なによりも驚いたのは、本田選手に用意されている背番号が「10」だということ。

それだけ期待されているということなのでしょうが・・責任重大ですね。


image.jpg



-----以下、スポニチアネックス 12月13日7時1分 より引用-----

本田 ミラン新加入で異例「10番」 バッジオも遠慮

11日に今冬のACミラン入りが明らかになった日本代表MF本田圭佑(27=CSKAモスクワ)が12日、
成田空港着の航空機で帰国。

同クラブのガリアーニ副会長は背番号10を与えることを明言しているが、
フリットやボバンら数々の名選手が背負ったミランの10番はこだわりを持って守られたナンバーで、
たやすく新加入選手に渡ることはなかった。


 ユーゴ代表の「天才」サビチェビッチはとりわけ番号に愛着のあった一人で、
あのイタリア代表のスーパースター、ロベルト・バッジオの加入時にも
「これは俺の番号だ」と宣言。
むしろバッジオの方が「練習での姿勢を見て納得した」と遠慮したほどだ。


 最近ではオランダ代表のシードルフが7年間背負い続けた。
「この番号に対する責任があるから自分は上達できた」と言ってはばからず、
バルセロナからブラジル代表ロナウジーニョが移籍した時も譲る気はなし。

もちろんピッチでは攻守両面で質の高いプレーを披露し続けた。


 ミランの10番はいわばプロ精神の象徴と誇り。
本田に対する期待が大きいのは間違いない。そして本田にはそれに応える責任もある。


-----以上、スポニチアネックス 12月13日7時1分 より引用-----


yjimage.jpg



本田選手は、日本代表チームでも香川真司選手とチームを引っ張っていますし、
CSKAモスクワでもなかなか手放してもらえなかったのは、
それだけ彼が期待に応えられる選手だったからということに他なりませんが・・。

ACミランの10番は、これまでとはまったく格が違いますよね。
でも、本田選手ならそのプレッシャーを力に代えて素晴らしいプレーをするのかもしれませんね。
本田 ミラン 加入 異例 10番 バッジオ 遠慮 ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。