So-net無料ブログ作成
好きな男性アナ アナウンサー 日テレ 桝太一 ブログトップ

好きな男性アナ アナウンサー 日テレ 桝太一 V2 水卜麻美 [好きな男性アナ アナウンサー 日テレ 桝太一]

年の暮れになると、今年1年を振り返る話題が多くなりますね。
いろいろなジャンルでのランキングをとりまとめるオリコンが、
毎年恒例の「好きな男性アナウンサー」ランキングを発表しています。

トップはいつもの常連アナウンサーの皆さんですね。
私は、個人的には殿堂入りした安住アナが一番だと思います。


image.jpg



-----以下、オリコン 12月13日9時10分 より引用-----


『好きな男性アナ』日テレ桝太一アナがV2達成!!~男女ともに日テレアナが制覇

ORICON STYLEでは、今年9回目となる年末恒例の『好きな男性アナウンサーランキング』を発表。
見事首位に選ばれたのは、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を務め、
すっかり“朝の顔”となった【桝太一】アナウンサー。

桝アナは、昨年に引き続き“V2”を達成。
先ごろ発表した“女子アナ版”では同局の水卜麻美 アナが初の首位、
男女ともに日テレアナが制覇したことで、改めて人気アナの勢力図が変動していることを印象付ける結果となった。


■完璧すぎる経歴と相反する“ボンクラ男子”な側面に同性も共感!

 桝アナといえば、その甘いマスクと身長178cmというスタイル、
趣味はスキューバダイビングで潜水士の資格も取得、
さらに東京大学の大学院を修了するという、まさに三拍子揃った“理想の男性像”とも言える存在。

当然、女性からの支持率は絶大なのだが、同性であればその完璧すぎる経歴が“妬みの対象”となる危険性もある。
だが桝アナの場合、同性からも圧倒的な支持を獲得している……それはなぜか?


 ズバリそれは、世の男性ならば大なり小なり持ち合わせているであろう“ボンクラ男子”の側面が
桝アナからも滲み出ている点にある。

東大大学院でアサリの殻にあるシマシマ模様を顕微鏡で見て、
彼らの誕生日を調べる研究をしていたというのも、何となく“オタク気質”が垣間見えるし、
コンビニが好きすぎて、平日は毎日欠かさず朝昼コンビニ弁当などは、共鳴する男性陣が多いはず。

また恐妻家としてもお馴染みの桝アナ、出演番組終了後に愛妻から送られてくる“ダメ出しメール”を見て、
「厳しく言ってくれてる。愛されてるなぁ~」と呑気に言い放つ彼を、どうして嫌いになれようか。


 今回のランキングでも、桝アナを支持する要因として真面目で実直な姿勢はもちろん、
「爽やかだけどオタクっぽいところが可愛い」(静岡県/20代/女性)、
「真面目さがこんなに面白くなる人はなかなかいない。本人が狙ってないところも魅力」(兵庫県/40代/女性)、
「東大出身なのになぜか親近感がわく。理系男子のひとつの理想像だと思う」(東京都/10代/男性)など、
その“敷居の低さ”に好感を抱く視聴者が圧倒的だった。


 現在、『ZIP!』のほかに『全国高等学校クイズ選手権』や
『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の総合司会を務め、
早朝だけでなく“日本テレビの顔”となりつつある桝アナ。

1日のスタートをきる上で欠かせない、爽やかで生真面目すぎるキャラクターは、
今後も幅広い世代で愛され続けることは疑いようがない。


-----以上、オリコン 12月13日9時10分 より引用-----







枡アナは、有吉弘行さんが司会をしている「有吉反省会」に出演しているのを見たことがありますが、
根がとっても天然な方で、好感度の高い理由がわかる気がしました。

東大の大学院出身なのは知りませんでした。
知性があるのに気取りがまったくないというのはいいですよね。

羽鳥アナは1位を奪取できるか、また来年が楽しみです。
好きな男性アナ アナウンサー 日テレ 桝太一 ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。