So-net無料ブログ作成
中西モナ 流産 稽留流産 不妊治療 双子 妊娠 ブログトップ

中西モナ 流産 稽留流産 不妊治療 双子 妊娠 [中西モナ 流産 稽留流産 不妊治療 双子 妊娠]

中西モナさんが双子を妊娠したそうです!
おめでとうございます(^∇^)めでたいですね!

しかし双子妊娠前に一度流産を経験したそう…
ツラかったでしょうね。

苦しみを乗り越えたからこその喜びがそこにはあったと思います…
モナさん自身は今どのような心情なんでしょうか


image.jpg



*********以下、デイリースポーツ 2013年12月12日23時26分より引用********

 第2子、第3子となる双子を妊娠したことを12日に発表した中西モナ(37)が同日深夜、
ブログを更新し、6月に一度流産していたことを明かした。

モナは「今回の双子ちゃんは、その時のベビーが帰ってきてくれたのかなぁ」と
つらく悲しい体験を経て授かった命に、改めて感謝した。


 双子の妊娠をブログで報告したモナは、
「実は、6月に一度流産をしてしまいました。
稽留流産だったために、病院に半日入院で処置をしなければならなかったのですが、
お腹の中に来てくれた小さな命を、心臓が動いてないにしろ取り出すという処置は、
精神的にかなりきつかった」と打ち明けた。


 稽留(けいりゅう)流産とは、妊娠6、7週目に起こりやすいのが特徴で、
子宮内で受精卵や胎児が死んでしまっている状態を言う。
自覚症状はなく、超音波検査などで発見されることがある。


 モナはこの悲しい出来事を通して、「子供を授かって、産むという事が、
どれほど当たり前では無い事なのかということを、改めて痛感しました」と告白。
「今回の双子ちゃんは、その時のベビーが、帰ってきてくれたのかなぁなんて、
思ったりしております」と心境をつづった。


 モナは2010年8月に一歳下の一般男性と結婚。
不妊治療の末、12年7月に第1子となる長女を授かった。


 10年春ごろには「多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群」であることが判明。
卵巣の表面が肥厚して、排卵が起こりにくくなり、卵巣内にたくさんの卵胞がたまってしまう病気で、
モナは、不妊の原因に多?胞‐を挙げ、不妊治療を続けていた。

 モナは12日午前、マスコミ各社にファクスを送り、双子を妊娠(4カ月)し、
来年6月中旬出産予定であることを発表。順調な経過を報告していた。


*********以上、デイリースポーツ 2013年12月12日23時26分より引用********



不妊治療もしていたんですね。
不妊治療は精神的にも肉体的にもツラいと聞きます。

ツラくて悲しい想いをたくさんされて、双子を妊娠したのですね。
そして不妊を経て授かったことは今現在、不妊で悩んでいる女性に希望を与えてくれたと思います!

私も他人のことながら6月の双子出産が待ち遠しいです♪
中西モナ 流産 稽留流産 不妊治療 双子 妊娠 ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。