So-net無料ブログ作成
亀田ジム 活動停止 亀田大毅 JBC 処分 ブログトップ

亀田ジム 活動停止 亀田大毅 JBC 処分  [亀田ジム 活動停止 亀田大毅 JBC 処分]

本当にかなり複雑になってきてるこの亀田ご一家のボクシング試合。
言った言わないと揉めています。で一体誰が本当のことを言ってるのか、わからなくなってきました。

亀田側は試合前に負けても防衛できると聞いていたようですし、
TBSは空位になると報道してるし、IBFのリンゼイ・タッカー氏は発言を記憶にない・・と言う始末。

さっぱりわかりません。
うそつきは誰なんでしょうか?

ただ、自前に負けても防衛できるとわかってたらスポーツ観戦の面白さが半減するのは確かです。


image.jpg


----以下、デイリースポーツ 2013年12月10日06時59分引用



日本ボクシングコミッション(JBC)は9日、都内で倫理委員会を開き、
3日のIBF・WBA世界スーパーフライ級王座統一戦(大阪・ボディメーカーコロシアム)で
判定負けしたものの、IBF王者・亀田大毅(24)=亀田=の王座保持をめぐる騒動に関して、
JBC側には落ち度がないことを確認した。

今後は、亀田ジム側が不誠実な対応をしたなどとして聴聞を行う。
聴取の結果次第で、前例のない処分を科すと示唆し、ジムの活動停止などに発展する可能性も出てきた。


 JBCは、混乱を極めたドタバタ劇について当事者への聞き取りを進めてきた。試合前日のルールミーティングでは、亀田大が負けた場合「IBF王座は空位」で合意されていたと確認。この一件に関して、JBC側に落ち度はないと明らかにした。

 JBCの浦谷信彰・本部事務局長代行は、一連の騒動において
「明らかに不誠実な対応をしたり、虚偽の事実を歪曲(わいきょく)した人物がいる」と断言。

「負けても王座が移動しない」と通知されていた亀田ジム側に対して聴聞を行うとした。
一夜明け会見では、亀田ジムの嶋マネジャーが、大毅も負けても王者にとどまることを知っていたと発言していた。

 試合後、前言を翻したIBFの立会人であるリンゼイ・タッカー氏の行動については、
引き続きIBFとのメールのやりとりを通じて詳細を明らかにするという。


 あくまで中間報告としながらも、
「JBCに対する言われなき中傷には厳重に抗議する」(同事務局長代行)と毅然(きぜん)とした姿勢を貫く。

「こうしたトラブルが特定のプロモーションに突出していることを憂慮する」と
騒動が続出することに何らかのピリオドを打ちたい考えだ。


 今後の聴聞の内容によっては、前例のない処分を科すことを示唆した。
亀田側はジムとしての活動どころか存続さえ危ぶまれる状況に陥る可能性もある。


----以上、デイリースポーツ 2013年12月10日06時59分引用





こんなことがあると視聴者かのクレーム窓口はどうしてもTBSになってしまいますよね。
TBSにとってもいい迷惑でしょう。

記事どおり確かに過去たくさんのトラブルがあった亀田家。
それでもやっぱり放送するTBS。
やはり、ボクシング試合でこれだけ数字がとれるのも亀田ご一家なんでしょう。

2日の亀田家のホームページで負ければ空位になると書いた文面が
6日になって消されて削除されたそうですよね。

これも怪しい!どうもうそつきは一人ではないようですね。

亀田ジム 活動停止 亀田大毅 JBC 処分 ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。