So-net無料ブログ作成
フィギュアスケートGPファイナル 羽生結弦 ブログトップ

フィギュアスケートGPファイナル 羽生結弦 世界最高得点 マリンメッセ福岡 [フィギュアスケートGPファイナル 羽生結弦]

5日に行われたフィギュアスケートGPファイナルが熱かったですね!

特に男子ショートプログラムの羽生選手の演技には見てて私も感動しちゃいました(つд;*)

しかもしかも、なんと世界最高得点をたたきだしてしまうなんて!
日本中が大熱狂したのではないでしょうか♪


image.jpg



*********以下、デイリースポーツ 2013年12月5日22時53分より引用*******


 「フィギュアスケートGPファイナル・第1日」(5日、マリンメッセ福岡)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が
SPの世界最高得点となる99・84点をたたき出して首位発進した。

2位には、世界選手権3連覇中のチャン(カナダ)が87・47点で、
3位には織田信成(関大大学院)が80・94点で入った。

町田樹(関大)は65・66点で最下位・6位のスタートとなった。

 異次元のスコアに、キスアンドクライで自身の得点を目にした羽生は思わず手をたたいて喜んだ。

4番手滑走でリンクに飛び出すと、冒頭の4回転をあっさりと成功させる。

その後も次々にジャンプを決めるノーミスの演技構成。疲れの見えた終盤には、
スピンが4段階評価でレベル3となったが、会心の演技を披露した。

「自分のやるべきことをしっかりやろうと思って(演技に)入った。得点には、ただただ驚いています」と語った。



*********以上、デイリースポーツ 2013年12月5日22時53分より引用*******






羽生選手もさることながら織田選手も3位に入り大健闘しましたね!
町田選手もこの失敗をバネにして頑張ってもらいたいです。

私的には高橋大輔選手の情熱的な演技が見たいので、早く怪我が治って復活してくれることを切に願っております!
フィギュアスケートGPファイナル 羽生結弦 ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。