So-net無料ブログ作成
岩佐真悠子 フルヌード 主演映画 ヌード 彼氏  ブログトップ

岩佐真悠子 フルヌード 主演映画 ヌード 彼氏  [岩佐真悠子 フルヌード 主演映画 ヌード 彼氏 ]

岩佐真悠子さん、脱いじゃったんですね~、フルヌード。

主演映画の「受難」とう映画のためみたいです。
ご家族には話してなくて、一般男性の彼氏には話されてるんですね。

ご家族も知ってショックでしょう。彼氏も複雑でしょう。心中お察しします。

この映画、主人公の局部に突然現れたこどばを喋る人面瘡(じんめんそう)と生活するという内容らしですが、
なんだか意味不明な内容ですね。

よくわからなすぎて、ちょっと興味がわきます(笑)。


image.jpg


----以下、シネマトゥデイ 2013年12月05日20時05分引用


女優の岩佐真悠子が5日、フルヌードに挑戦した主演映画『受難』の公開記念イベントに出席し
「ヌードになることは家族には話していません。でも彼氏には一応話しました」と
少し顔を赤らめて語り、現在も交際が順調に続いていることを明かした。


 本作で岩佐は、大胆なベッドシーンや全裸での全力疾走シーン、
女性器を直接表す言葉を連呼するなど、過激な役どころに体当たりで挑戦。

交際を公言している一般男性は、まだ映画を観ていないといい
「たぶん観たくないんじゃないかな。今度はヌードがあると言うと『ふーん、そういうこともするんだ』って言っていました」と
照れ臭そうに2人の会話を明かす。

そこで「そろそろ結婚?」とツッコミまれると「そのうち結婚できたらいいなとは思うけど、
特に決まっていません」と答えた。

 イベント中は「脱いでしまえば忘れていくだけなので、自分ではそんなに大事とは思っていない」と
強気な発言もあった岩佐だが「大きなスクリーンで自分の裸を観るのは、さすがに恥ずかしかった」と告白。

作品については「下品で、ちょっとどうなのかなと思うかもしれませんが、実はエロさはあまりない。
明るくポップでほのぼのする映画です」と自信をのぞかせていた。


 本作は、修道院育ちでいまだ処女と恋愛をこじらせながら暮らす主人公・フランチェス子(岩佐)が、
自身の局部に突然現れた、言葉をしゃべる人面瘡(そう)と奇妙な共同生活を送るハメになる姿を描く作品。

人気作家、姫野カオルコの同名小説が原作。6日には映画公開に先駆け、
本作撮影時のメイキング映像を収めたDVD「岩佐真悠子 in 受難」が発売となる。(取材 / 岸田智)


----以上、シネマトゥデイ 2013年12月05日20時05分引用





吉高由里子さんも、デビューして間もないころ「蛇とピアス」でフルヌードを披露して
今や売れっ子女優さんになりましたよね。

あの当時、あ~この女優さん、この先ないかも~なんて思ったりしたものですが、
そんな心配をよそに彼女は大成功しています。

今やヌードは昔と違って人気が落ちたから脱ぐのではなくて、人気をつかむ一つのきっかけなのかもしれませんね。

岩佐さん、数年後の大活躍期待してます。頑張ってくださいね。

岩佐真悠子 フルヌード 主演映画 ヌード 彼氏  ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。