So-net無料ブログ作成
花燃ゆ 井上真央 吉田松陰 妹 文 大河ドラマ  ブログトップ

花燃ゆ 井上真央 吉田松陰 妹 文 大河ドラマ ヒロイン NHK おひさま  [花燃ゆ 井上真央 吉田松陰 妹 文 大河ドラマ ]

井上真央さんが、2015年に放送されるNHK大河ドラマの主演に決定したというニュースが発表されました。

連続テレビ小説のヒロインを演じたこともある方なのでNHKのドラマは初めてではないとはいえ、
大河ドラマとなるとさらに長丁場ですから、嬉しい気持ちと同じくらい不安だったりするのかもしれませんね。

井上真央さんには、こういった時代考証に基づいたドラマよりも現代劇のほうが合っている気がするのですが、
新たな境地を開拓となるのでしょうか。


image.jpg


-----以下、webザテレビジョン 12月4日15時1分 より引用-----


'15年大河「花燃ゆ」主演は井上真央!松陰の妹・文を演じる

'15年の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)の主演に井上真央が決定し、
12月3日にNHK局内にて制作発表会見が行われた。

会見には主演の井上真央と、制作統括を務める土屋勝裕氏が出席した。

今回、大河ドラマ初主演となる井上は、'11年の連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを演じ、
同年、「第62回 NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務めている。


54作目の大河ドラマとなる同作の主人公は、幕末の思想家・吉田松陰の妹・文。
松下村塾に集った塾生たちにかわいがられ、後に長州藩士・久坂玄瑞に嫁ぐことになる。

しかし、禁門の変で久坂は自決。文は毛利家に仕え、嗣子・元昭の子守役になる。
幕末の動乱を乗り越え、久坂家を残そうと奮闘した文は、亡き姉の夫であった群馬県令の楫取素彦(かとりもとひこ)の元へ嫁ぐ。
群馬の産業・教育の近代化に寄与した楫取は男爵となり、文は美和子と名前を変え、華族の妻として生きていくこととなる。


登壇した井上は、今回の決定について「一部内定という形で(報道が)出ていましたが、
内定もいつかは取り消しになるのではないかと、ちょっとドキドキしていました。

こうして確定となり、今発表の場に立てて本当にうれしく思っています。
ここから私自身も勉強しなければならない事もたくさんありますし、いろいろな責任をちゃんと持って、
主演としてちゃんと中心に立って頑張っていきたいと思っております」と率直な気持ちを語った。


また井上は、文が生きた幕末の印象を「私も歴女ではないのでちょっと歴史にうとい部分はありますが、
私たちにも少なからず影響を受けている時代で、本当にいろんな事が変わっていく時代だったと思います。

ただその中で、(文は)何かを変えていった人物ではなくて、そばにいた人物なので、
近くにいて影響を受けた人がどういうふうに生きたかという事で、より幕末を身近に感じられるのではないかと
思っております」とコメントした。


また、演じる文についてのイメージを「今勉強中ではあるんですけど、私自身も吉田松陰さんという方は知っていましたが、
文という妹がいることは知らなかったので、これからどういう人物像を演じようかなと考えています。

ただ、渦中にいた人物なので、運命に翻弄されながらも力強く生きた、
芯のある女性ができたらいいなと思います」と抱負を語った。


-----以上、webザテレビジョン 12月4日15時1分 より引用-----




NHK大河といえば、松山ケンイチさんが主演した「平清盛」で視聴率が激しく低下したことが取り沙汰され、
今年「八重の桜」で主演を務めた綾瀬はるかさんも何かにつけて視聴率が取り上げられていて、なんだか可哀想でした。

2015年なのでまだまだ先の話ですが、どんなドラマになるか楽しみですね。

その前に、来年の大河ドラマはV6の岡田准一さんが主演なので、こちらも楽しみです!
花燃ゆ 井上真央 吉田松陰 妹 文 大河ドラマ  ブログトップ


スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。