So-net無料ブログ作成

麻美ゆま 自叙伝 闘病生活 全摘出手術 AV女優  [麻美ゆま 自叙伝 闘病生活 全摘出手術 AV女優]

スポンサーリンク



卵巣と子宮の全摘出手術を行った元?AV女優の麻美ゆまちゃんが闘病生活やAV女優のデビューなどを告白した
初めての自叙伝を発売するそうです。

ガンになってもがんばってる姿は応援したくなりますよね。

病気の前?最中?にはいろんなドラマにも出ていました。

これからもがんばって欲しいです!!

-----以下、サンケイスポーツ2014年04月09日05時03分より引用-----


Image2.jpg


卵巣境界悪性腫瘍による卵巣と子宮の全摘出手術を乗り越え、復帰したタレント、麻美ゆま(27)が5月8日に初の自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」(講談社、1620円)を発売することが8日、分かった。壮絶な闘病生活や、AV女優としてデビューした理由、家族の秘密などを赤裸々に告白。自ら編集作業にも携わり、サンケイスポーツの取材に「私の魂がつまっています」と力を込めた。

 壮絶な闘病生活を乗り越え、昨秋からグラビアなどのタレント活動を再開させたゆまチンが「魂の自叙伝」を出版する。

 「私の人生そのものがつまっているので、妥協したくなかった。魂を込めて作っています」

 1月から発売元の東京・講談社で連日、編集作業に立ち会っている麻美は、赤ペンでチェックした大量の原稿を前に「先週は3日間徹夜でした。もう合宿ですね」と充実の笑顔をみせた。

 昨年2月、卵巣境界悪性腫瘍のため卵巣と子宮の全摘出手術を受け、同8月に抗がん剤治療を終了した。闘病生活を機に「ファンの方々に、ありのままの私を見てほしい」と出版を決意した。

 その証しとして、抗がん剤の影響で頭髪が抜け落ちた当時の写真や、「手術前にきれいな体を残したかった」という思いから1メートル58、B96(Hカップ)W58H88の豊満ボディーをランジェリー姿で撮り下ろしたセクシーグラビア、さらには幼少のころの写真など約200点を掲載した。

 麻美は闘病生活について「赤ちゃんを産めなくなるし、現実を受け止められなかったけど、(所属の)恵比寿マスカッツのメンバーから千羽鶴を贈られ、みんなの愛が大きな支えになりました」と振り返った。

 AVデビューした経緯についても「今まで言えなかったけど、決断に至る理由も書いています」と告白。群馬・高崎市で日本初のフィリピンパブを営んでいた両親にもふれ、幼少期に店舗のカラオケで歌が大好きになったことや4年前に父親が病死したこともつづった。「両親はAV女優の私を応援してくれましたが、悩みを打ち明けられなくて苦しみました」と葛藤もあったという。

 自叙伝のタイトルは「Re Start~どんな時も自分を信じて~」。「今までの自分があって新しい自分があるし。だから人生、『リセット』ではないんです」との思いを込めた。今後やりたいことには「やっぱり歌が好きなのでソロでライブをしたい。大好きな氣志團と共演してみたいです」と笑顔で“リスタート”を誓った。


Image4.jpg


-----以上、サンケイスポーツ2014年04月09日05時03分より引用-----

これからも病気に負けずにがんばって欲しいです!!

機会があったら本も読んでみようかな。。。

スポンサーリンク





スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。