So-net無料ブログ作成

「賭博黙示録カイジ」で有名な漫画家が描いた、薬物啓発漫画が評判になっているそうで、合法ハーブを吸って人が「ぐにゃ~」となる様子などが、とてもいいという意見や、トリップした様子の場面で「ざわ…… ざわ……」と例の文字が登場するそうです。 [カイジ 合法ハーブ 薬物啓発漫画 福本伸行 ]

スポンサーリンク



あの漫画の「カイジ」シリーズの福本伸行さんが書いている薬物啓発の漫画が
政府広報のサイトに掲載されていて話題になっているそうです。

実際に見てみましたが、あの「カイジ」のタッチで描かれた短編漫画となっており、
ちょっとした読み物として面白かったです。

政府がこういうことをやるんだなぁって少し感心しました。


Image4.jpg


-----以下、ガジェット通信2014年03月18日14時45分より引用-----


“合法ハーブ”や“脱法ドラッグ”といって売られている薬物の恐ろしさについて啓発するマンガが、現在政府広報のサイトに掲載されている。

『賭博黙示録カイジ』などで有名な漫画家、福本伸行さんが、合法ハーブ等といって売られている薬物の恐ろしさを、 オリジナル短編マンガで描きます。



「短編マンガ」合法といって売られている薬物の、本当の怖さを知っていますか?:政府広報オンライン
ということで、描いているのはなんとあの福本伸行先生。『Twitter』などでは人選が素晴らしいと評判になっているようである。合法ハーブを吸ってバッドトリップした人たちが“ぐにゃ~”となったりと、表情などがとてもいい感じである。

とはいえ、トリップした様子の場面で「ざわ…… ざわ……」と例の文字があることに「ここで『ざわ……』はおかしいんじゃないの」と違和感のある福本ファンも多い模様。また、政府広報ということもあってか内容があっさりしていることが物足りないという方もいたりする。

8ページのオリジナル漫画、アクセスが多いせいか本日18日のお昼はちょっとページが重い感じであるが、興味のある方はご覧になってみてはいかがだろう。

-----以上、ガジェット通信2014年03月18日14時45分より引用-----

最近は合法ドラックが原因と見られる悲惨な事故がありましたよね。

そもそも「合法」なんて名前をつけられないようきちんとした規則を作ってもらいたいです!!

スポンサーリンク





スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。